iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの違いとは?

悩んでいる人
悩んでいる人

【iPadを初めて買おうと思っている人】
iPadを買おうと思っているんだけどWi-Fiモデルとセルラーモデルの違いってなに?
買うならどっちがいいかな?

この悩みにお答えします。

 

この記事ではiPadのWi-Fiモデル、セルラーモデルそれぞれの違いと、どちらのモデルがおすすめなのかを解説していきます。

 

記事を読めば、アナタの使い方にあったiPadの選び方がわかるようになりますよ!

 

目次

iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの違いは何か?

Wi-Fiモデルとセルラーモデルの違いについては以下になります。

  • データ通信が使えるかどうか
  • セルラーモデルのみ、GPS機能とテザリング機能が搭載
  • 本体価格の差

 

データ通信が使えるかどうか

まずデータ通信の方式が大きく異なります。

  • Wi-Fiモデル  Wi-Fi通信のみ
  • セルラーモデル Wi-Fi通信とキャリアの回線

 

Wi-Fiモデルは自宅の固定回線や、街中のWi-Fiスポットに接続をして初めてネット通信が可能となっています。

 

一方、セルラーモデルはau、SoftBank、docomoといったキャリアと契約を結んで、いつでもどこでもネット通信ができるようになります。

 

セルラーモデルのみ、GPS機能とテザリング機能が搭載

セルラーモデルだけに、位置情報を取得してくれるGPS機能と、iPad本体をWi-Fiスポットのようにデータ通信を発信してくれるテザリング機能がついています。

 

本体価格の差

基本的にWi-Fiモデルが安く、機能が少しだけ充実しているセルラーモデルが高くなっています。

 

本体価格差は、約15,000円ほどです。

 

Wi-Fiモデルがおすすめの人

ここらは、Wi-Fiモデル・セルラーモデルを、どういった人におすすめなのかを解説していきます。

 

Wi-Fiモデルがおすすめなのは以下になります。

  • 外ではネットを使わない、iPadを持ち運ばない
  • 本体価格をなるべく抑えたい

 

外でネットを使わない、iPadを持ち運ばない

外でネットを使うことがなかったり、そもそも外に持ち運ぶ予定がない場合はWi-Fiモデルがおすすめです。

 

なぜなら、セルラーモデルでデータ通信契約を結ぶと、毎月通信料を支払わなければならないからです。

 

その点、Wi-Fiモデルでは基本的に外でのデータ通信が使えませんが、本体だけ購入すれば他にお金はかかってきません。

 

万がいち外でもデータ通信を使いたいなら、喫茶店などの無料Wi-Fiを使えばインターネットに繋げることができます。

 

本体価格をなるべく抑えたい

先ほども解説はしましたが、Wi-Fiモデルとセルラーモデルは約15,000円ほどの価格差があります。

すこしでも安くでiPadが欲しい人にWi-Fiモデルは最適です。

セルラーモデルがおすすめの人

  • 外でもデータ通信を使う
  • GPS機能を使う

外でもデータ通信を使う

iPad単体でもデータ通信を使いたい人なら、セルラーモデルを選びましょう。

 

月額のデータ通信費用が負担にはなりますが、常に安定した通信が使えるようになります。

 

GPS機能を使いたい人

GPS機能はセルラーモデルにしかない機能です。

 

iPadで地図検索や、カーナビ代わりとして使うなどで活躍するでしょう。

 

iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの違い さいごに

最後にこの記事のまとめです。

  • Wi-Fiモデル  外での通信は基本使わない 本体価格が安い
  • セルラーモデル  外でも通信は使える 本体価格が高い GPS機能・テザリング機能を搭載

 

この記事ではWi-FiモデルとセルラーモデルのiPadの違いについて解説をしてきました。

 

アナタがどちらのモデルのiPadを手にするべきか、選び方がわかったかと思います。

 

さらに少しでもiPadを安くで手に入れたい方向けに記事を用意しています。

中古iPadのおすすめの選び方と買い方【注意点あり】

 

格安でiPadを手に入れる方法

 

【関連記事】【失敗しない】大学生におすすめのiPadを紹介します

【関連記事】iPadのキーボードのおすすめの活用法【iPadブロガーが解説】

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる