ipadでできないこと・苦手なこと

【 iPadが気になっている人
iPadが、すごい!便利!とはよく聞くけど、逆にできないこととか苦手なことってあるのかな??

この疑問にお答えします。

 

iPadは便利だという認識があるかも知れませんが、逆にできないことがあるのか気になっていませんか?

 

僕もiPadは万能タブレットだとは思っていたのですが、数年使ってみて「ここはちょっとできないのかな?」と気になる点が見つかりました。

 

そこの今回この記事では『iPadでできないこと・苦手なこと』にフォーカスして解説をしていきます。

 

これからiPadの購入を考えている人はぜひ参考にしてみてください!

matsu
matsu

【この記事を書いた人】
・当ブログ「モノりんご」管理人のmatsuです。
・『あなたの生活をちょっとだけ便利にする』をテーマにApple製品や生活に関するアイテムや情報を発信しています。
・iPad歴は6年です。

 

 

目次

iPadでできないこと・苦手なこと

 

iPadでできないとこや、苦手なことを以下にまとめました。

  • 端子が一つしかない
  • PCのように使うならキーボード・マウスが必須
  • アプリの表示がまだ不十分
  • 画面表示は2つが限界

 

1つずつ解説をしていきます。

端子が一つしかない

iPadには充電端子1つだけしか搭載されていないので、USBメモリーやSDカードを使うとなると変換アダプターが必要になります。

 

最近では1台で6つの接続ポートを備えているハブが発売されているので、それを使えば問題は解消できます。

 

 

PCのように使うならキーボード・マウスが必要

iPadをPCのように使うならキーボードとマウスが必要です。

 

iPadは購入するとき本体しか入っていないので、別でキーボードやマウスが必要になります。

 

加えて、長く使っていくとなると画面フィルムや保護ケースも必要になってくるので、最初は出費が激しくなると思います。

 

アプリの表示がまだ不十分

iOSでは問題なく表示できるアプリが、iPadだと縦画面でしか表示できません。(横にしても画面が変わらない)

 

アプリ自体は使えるのですがちょっとだけ気になる点です。

 

以下の画像は画像変換アプリです。iPad版でも配信されているのですが縦画面しか対応してません。

 

PC版と比べると機能制限がある

illustrationやPhotoshopなどのAdobe系、エクセルやワードといったMicrosoft系のアプリはPC版と同じ機能を持ち合わせていません。

そんな中、Adobe系アプリの代替アプリがあります。

  • Photoshop → Affinity Photo
  • Illustrator   → Affinity Designer

 

Adobe系は利用するのに月額料金が必要になりますが、Affinityのアプリは買い切りのアプリです。

 

しかもiPadでも快適に使えるようになっているので、動画編集、画像編集などのクリエイターの方にはおすすめのアプリだと思います。

 

画面表示は2つが限界

Split Viewを使えば画面上に2つのアプリを起動することができます。

 

しかしPCのように、いくつものウィンドウを開くことができないため複数アプリを使うなら、アプリ間を行き来しないといけない手間が増えてきます。

iPadでできないこと まとめ

 

  • 端子が一つしかない
  • PCのように使うならキーボード・マウスが必須
  • アプリの表示がまだ不十分
  • PC版と比べると機能制限がある
  • 画面表示は2つが限界

今回この記事ではiPadではできないこと、苦手なことについて解説をしました。

 

iPadは万能なタブレット端末だとは思いますが、まだ苦手な部分はあると思います。

 

しかし最近は新モデルやiPad OSアップデートの導入によって少しずつ出来ることが増えてきています。

 

苦手な部分を把握しつつ、しかし最終的にはあなたがiPadをどのように使っていくかによって、最大のパフォーマンスが発揮できるとタブレット端末だと思います。

【関連記事】iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルの違いとは?

【関連記事】【失敗しない】大学生におすすめのiPadを紹介します

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる