iPad mini 6(Wi-Fiモデル)をレビュー 実際に使ってみて気づいた良かったこと・気になったこと

iPad mini 6が発売されてから結構時間が経っているのですが、やっと僕の手元にもお迎えすることができました。

具体的には、この記事を書いている時点では購入から2週間ほど経っています。

 

以前はiPad mini 5を持っていたのですが、使っていく上でどうも気になる点が浮き彫りになってきたのです。

  • 第一世代Apple Pencilの充電が使いにくい
  • Lightningケーブルでの充電
  • iPad本体の充電の減りが早い

などなど、使っていくうちに不満が積み重なってきたので、いっそのことiPad mini 5を売ってその買取金でiPad mini 6の軍資金にしてやろうと思い、購入に至りました。

 

さて、iPad mini 6を約2週間ほど使ってみたのですが、一言でいうなら「神iPad」

 

まだガッツリと使い込んでいるわけではないのですが、ファーストインプレッション的な感想を述べつつ「いまiPad mini 6が気になっている人」に向けて、iPad購入の手助けになればと思います。 

メリット
デメリット
  • ホームボタン廃止のベゼルレスフォルム
  • 第二世代 Apple Pencilが使える
  • USB-C端子に対応
  • 電子ノートとしてちょうど良いサイズ感
  • ゼリースクロール現象が起こる
  • Face ID 非搭載
  • 純正キーボードがない
目次

iPad mini 6レビュー 購入したモデル

僕が今回購入したiPad mini 6は以下の通りです。

  • 本体ストレージ 64GB
  • Wi-Fiモデル
  • 本体カラー スターライト

 

セルラーモデルとかなり悩みましたが、月額の固定費をかけたくないこと、iPadを電子メモ・ノートとして使うことをメインにしたいと思ったので通信をするのに重要性はなかったためWi-Fiモデルを購入しました。

 

matsu
matsu

外で通信を使うなら喫茶店のフリーWi-Fiを使えばいけるので。

 

そんな軽い気持ちで購入しました。

実際に通信に関しては外に持っていっても特に不便と感じることはありませんでした。

 

iPad mini 6の外観について

iPad mini 6はmini 5からかなりデザインが変わり、ベゼルレスを採用。

本体の上部には電源ボタン、スピーカー、音量ボタンが揃っています。

下部にはスピーカーとUSB Type-C端子。

mini5までスピーカーは片方にしかなかったのに、mini6からは両方にスピーカーが搭載されているので音声がバランスよく聞こえてくるのは感動しました。

 

 

電源ボタンにはTouch IDが搭載されています。タッチの精度は非常に良く、電源ボタンを押してから1秒も経たないうちにロック解除してくれます。

電源ボタンのすぐそばには音量ボタン。この音量ボタンの仕組みが変わっていてiPadの画面の向きによって音量の上げ下げの配置が自動的に変わってくれるのです。

 

以下の写真のように音量ボタンが上下に割り振られていますが…。

iPadの画面を逆さまにすると、音量の上げ下げの役割が逆転しているのです。

 

画面の向きで音量ボタンがちゃんと役割を切り替えてくれるのはかなリ賢いですね。

 

iPad mini 6と一緒に買ったアクセサリーたち

ここからは僕がiPad mini 6と同時に買ったアクセサリーを紹介します。

  • iPad mini 6専用MOFT X
  • GOOJODOQ
  • leather Apple Pencil holder
  • ELECOM 着脱式ペーパーライクフィルム

iPad mini 6専用MOFT X

iPad mini 6の背面に粘着で貼り付けるタイプの折りたたみスタンドです。

折りたたみの角度は6通り。ブラウザ・動画の視聴時に合わせて縦置き、横置きと切り替えることができます。

MOFT Xの使用レビューは以下の記事でまとめています。

GOOJODOQ

Apple Pencilの代わりになるサードパーティ製のスタイラスペンを購入しました。

今までのスタイラスペンはiPadの横にマグネット吸着はできても充電ができないモデルしかありませんでしたが、GOOJODOQ GD13 ではついに念願のマグネット給電に対応可能となっています。

まさにジェネリックApple Pencil。ペンの文字反映に少々の遅延は感じられるものの問題なく使えるスタイラスペンとなっています。

GOOJODOQ GD13の使用感も以下にてレビューしています。

leather Apple Pencil holder

そんなGOOJODOQをしっかりと固定してくれるleather Apple Pencil holderを購入しました。

iPadのマグネット充電側のすぐそばに貼り付けて、ペンをしっかりホールドしつつ充電も同時にできてしまうアクセサリーとなっています。

 

BASEで購入できるのですが、過去に何度か再販してはすぐに売り切れてしまう人気商品なので、これから絶対手に入れたい人はBASEアプリをダウンロードして入荷の通知をONにしておきましょう。

 

matsu
matsu

だいたい平日の18時ごろから再販スタートしています。

ELECOM 着脱式ペーパーライクフィルム

某家電量販店にて購入しました。全面にべったりつけるのではなく縁だけに貼るタイプのフィルムです。

 

iPadのベゼル(黒い縁の部分)だけに粘着加工がされています。誰でも簡単に貼り付けれるのがこのフィルムのメリット。

しかしフィルムの表面が少しザラザラしているため書き心地に少し引っ掛かりを感じます。

matsu
matsu

フィルムがザラザラしているとペン先の摩耗が激しくなるので、一時的につけて他のフィルムを探していきます。

iPad mini 6のメリット

iPad mini 6を使って良いと感じたのは以下の通りです。

  • ホームボタン廃止のベゼルレスフォルム
  • 第二世代 Apple Pencilが使える
  • USB-C端子に対応
  • 電子ノートとしてちょうど良いサイズ感

ホームボタン廃止のベゼルレスフォルム

iPad mini 6は前作のmini5と比べて本体の大きさがほんの少し小さくなっているのですが、ベゼルレスを採用したことで液晶サイズは大きくなっています。

引用:Apple

 

上の画像を見れば一目瞭然。ホームボタン廃止にして液晶サイズを確保したのは大きな進化ですね。

第二世代 Apple Pencilが使える

第二世代Apple Pencilに対応したことが大きな進化です。

今回iPad mini 6には Apple Pencilじゃなくサードパーティ製のスタイラスペンを使っているのですが、やはりマグネットで固定しつつ充電できるのは本当に便利。

iPad mini 5の時の、Lightning端子にApple Pencilを挿して充電をするのは面倒だし見た目がダサかったので、第二世代対応になったのはありがたい限りです…!

USB-C端子に対応

最近のApple製品はUSB Type-Cを搭載しつつあるので、脱Lightningケーブルできたのも嬉しいポイント。

 

実際に僕もM1 MacBook Air、iPad Pro、その他モバイルバッテリーなど充電端子がType-Cに移り変わってきているのでケーブルの種類を統一できてスッキリしています。

matsu
matsu

願わくばiPadがワイヤレス充電に対応してくれたら最高…!

電子メモにちょうど良いサイズ

8.3インチの大きすぎず、小さすぎないサイズ感は本当に素晴らしい。

GoodNotes 5

アプリの設定で縦or横表示にできます。僕だとカレンダーアプリは横表示、テキストメモ帳は縦向きにしています。

Planner for iPad

iPad mini 6のデメリット

iPad mini 6を使って感じられたデメリットは以下の通りです。

  • ゼリースクロール現象が起こる
  • Face ID 非搭載
  • 純正キーボードがない

正直、今の段階で大きな不満はなく満足には使えているのですが、敢えて上げるならこの3点かなと思います。

ゼリースクロール現象が起こる

iPad mini 6の発売当初からネット上で報告されていたのですが、画面をスクロールしたときの文字の見え方が波を打っているかのように見えるゼリースクロール現象が、僕が購入した端末にも起こっていました。

もっとひどいものかと思っていましたが、正直画面をよーーーく見ないとわからないレベルなので気にするものではないです。

matsu
matsu

特に画面がめちゃくちゃ見づらくなるとかはありません。

Face ID非搭載

Face IDがないのがちょっと残念。

このご時世、マスクをつけているからFace IDは逆にロック解除しにくいかと思いますが、時と場合によっては顔認証の方がラクなこともあります。

次のiPad mini シリーズでは是非とも実装して欲しいところですね。

純正キーボードがない

iPad mini 6には純正キーボードが発売されていません。ミニ感を損なわないように敢えて出していないのかもしれませんが、mini5の頃からテキスト入力関連のアクセサリーは揃っていません。 

  

僕個人としての意見では、iPad mini 6の目的は電子ノートとして使うために買ったので特別にキーボードは要らないかなと思っています。

matsu
matsu

もし本当に必要ならBluetoothキーボードもあるのでより急ぎ必要性は感じられません。

iPad mini 6 2週間使用レビュー まとめ

今回はiPad mini 6を2週間使ったファーストインプレッション的なレビューをお届けしました。 

 

 

まだまだガッツリと使い込んでいるわけではありませんが、電子メモやブラウザ・動画鑑賞など、現時点での使い方でかなり満足度の高い使い方ができています。

 

これからも長期的に使っていって、デザイン作成や電子書籍などの使用感もお伝えできればと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる