アップルペンシルが故障した時の5つの対処法

悩んでいる人
悩んでいる人

アップルペンシルで文字が書けなくなってしまった
修理に出した方がいいのかなぁ・・・?

この悩みを解決します。

 

この記事の内容
  • アップルペンシルが故障した時の対処法

アップルペンシルの故障に関してお悩みでしょうか?

 

実はこの記事で紹介する、「アップルペンシルが故障した時の対処法」を実践すれば簡単に解決します。

 

実際に私も、アップルペンシルが壊れたことがあり、無駄に時間をかけずに済ませたことがあります。

 

この記事では、故障かそうでないかの切り分けのポイントを5つ紹介して、一番手っ取り早い方法を教えます。

 

記事を読み終えれば故障した時の対処法がわかり、新しいアップルペンシルを迎え入れることができます。

目次

アップルペンシルの故障かどうかを調べる

まずはアップルペンシルなのか、iPad本体側の不調なのかを5つのポイントを見て調べます

 

アップルペンシルの故障見分けるポイント

まずは以下の方法を試して見ましょう

  1. アップルペンシルの充電を確認する
  2. アップルペンシルとiPadが接続されているか
  3. iPadの本体を再起動する
  4. ペン先が削れていないか
  5. iPadのOSのアップデートを試す

上記の方法を試してもダメだった場合は、「アップルペンシルが故障している」判断ができます。

 

アップルペンシルの充電を確認する

アップルペンシルは充電式のペンなので、まずは充電が切れていないかを確認しましょう。

 

アップルペンシルとiPadが接続されているか

アップルペンシルはiPadとBluetooth接続をして始めて使えるようになります。

滅多に接続が切断されることはありませんが、Bluetoothの設定を確認するのも一つの手段です。

 

iPadの本体を再起動する

アップルペンシルではなく、iPad側に問題があるかもしれません。

 

そんなときはiPadの本体を再起動してから確認してみましょう!

 

アップルペンシルのペン先が削れていないか

アップルペンシルは使い込みすぎるとペン先が削れて反応が悪くなることがあります。

 

ペン先は交換ができるので、新しくペン先を買うのも一つの手段です。 

 

iPadのOSのアップデートを試す

レアケースですが、iPadのアップデートをした後にBluetooth接続が上手くいかないパターンもあります。

 

もしも不具合修正のOSアップデートが配信されているなら更新をしてみましょう。

 

アップルペンシルが故障したら、修理という手段もある。

アップルペンシルの反応がない場合は、新しく買い換えるか、ペン先を交換するか、もしくは修理に出す手段もあります。

 

アップルペンシルの修理の費用

アップルペンシルには1年間の無償サポートがついていて、1年以降の修理になると以下の金額になります。

  • アップルペンシル(第1世代) 7,900円 
  • アップルペンシル(第2世代) 12,200円 

アップルペンシルを直すのに、Appleのサービスまで足を運んで、さらに修理の時間を取られることを考えると、新しくアップルペンシルを買った方が電池の持ちが良くなりますし、また新しく無償サポートがついてくるので断然おトクです。

 

アップルペンシルが故障した時の対処法 まとめ

最後にこの記事のまとめです。

  • 修理に出す前にアップルペンシルの接続状況・充電の確認をする
  • アップルペンシルの無償サポートは1年間
  • 無償サポートが切れていたら修理に出すより買う方がおトク

この記事で説明した「アップルペンシルが故障した時の対処法」は時間と手間をかけずにできる一番手っ取り早い方法です。

アップルペンシル(第1世代)

アップルペンシル(第2世代)

  

☆アップルペンシルの代用ペンを見つけました!

【関連記事】アップルペンシルの代用できる最強のペンを見つけた。

【人気記事】格安のiPadを買うなら第7世代iPad

【人気記事】シニアにオススメのiPad 元携帯ショップ店員のおすすめはコレ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次