無印良品の撥水ミニショルダーバッグをレビュー【iPad mini が入る】

悩んでいる人
悩んでいる人

・無印良品のミニショルダーバッグが気になる
・iPad miniを入れるためにちょうど良いバッグを探しているんだけど何かおススメはないかな?

こんにちは、matsuです。

悩みを解決してくれるのが「無印良品 撥水ミニショルダーバッグ」です。

 

僕はiPad miniを入れる専用バッグとして使っていますが、時に遊びに行きときや旅行の時のサブバッグとしても使うこともあります。

 

「ミニショルダー」と名が付いていますが、意外と収納スペースが多く非常に使い勝手の良い仕上がりになっているバッグです。

今回はこちらのショルダーバッグを実際に使ってみた感想をお伝えしていきます。

メリット
デメリット
  • ミニショルダーなのに大容量
  • ペットボトルが入る
  • iPad miniが入る
  • 撥水加工が施されていて軽い雨の日でも使える
  • 旅行用のサブカバンとして活躍できる
  • 荷物を入れすぎると肩紐が食い込む
  • iPad Pro 11インチは入らない
目次

無印良品 撥水ミニショルダーバッグの製品概要

ミニショルダーバッグの情報については以下の通りです。

 

本体サイズ縦 17 × 横 28 × 幅 6 cm
重さ150g
最大積載量約5リットル
耐荷重6kg
素材ポリエステル(撥水加工)
価格1,990円(税込)
カラー黒・ネイビー・ライトベージュ

価格が2,000円以内で買えるというお得な値段設定。

無印良品でお馴染みのカラーラインナップと撥水加工が施されていて、いろんなシーンで使いやすいミニショルダーです。

無印良品ミニショルダーバッグ 収納スペース

メインのスペースは結構大きさはあってスマホ、モバイルバッテリー、ケーブル、財布などたくさんのモノが入ります。

500mlペットボトルも余裕で入ります。

サイドのポケットも平べったいスペースがあります。このご時世なので常に予備のマスクを入れています。

反対側にも小さな収納スペースがあります。ジッパーがないのですぐに財布やICカードを取り出すことができます(中身を落とさないよう注意)

 

撥水加工が施された素材

ミニショルダーバッグの表面には撥水加工が施されており、軽い雨が降っても問題はありません。

水滴をちょっと垂らしてみたのですが、ちゃんと水を弾いています。

matsu
matsu

中にスマホやモバイルバッテリーなどの電子機器が入っていても安心ですね。

iPad miniが入るサイズのバッグ

このミニショルダーバッグで個人的にとても気に入ってるのがiPad miniが入るサイズであること。

出先でもiPadを持って行きたい人にはとてもオススメなサイズ感。

ものは試しでiPad Pro11インチを入れてみましたが、やっぱり入りませんでした。

ジッパーが締まりません。

ミニショルダーの気になるところ

ミニショルダーバッグの肩紐には肩パットがないシンプルな作りになっていて、荷物をたくさん入れた時に肩への負担がかかってしまいます。

ミニショルダーの耐荷重は6kgまでとなっていて、流石にそこまで荷物を詰め込むことはないと思いますがあまり荷物を入れると肩こりにつながるかも・・・。

無印良品のミニショルダーバッグレビュー まとめ

今回は無印良品のミニショルダーバッグをレビューしました。

iPad miniや500mlサイズのペットボトルが入る「ミニショルダー」とは思えない収納力を持っている仕上がりとなっています。

matsu
matsu

遊びに行くときや旅行の時でも活躍できる使い勝手の良いショルダーバッグなので、無印良品に訪れた際にはぜひとも手に取ってみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる