Anker Soundcore Life P3 レビュー【1万円以内で買えるワイヤレスイヤホン】

悩んでいる人
悩んでいる人

・ワイヤレスイヤホンが欲しいけど1万円以内で買えるものってないのかな?
・安すぎる変なメーカーとかは買いたくない
・AirPods Proと遜色ないワイヤレスイヤホンが欲しい

こんにちは、matsuです。

 

初めてワイヤレスイヤホンを買おうと思っている人、もしくは2台目のイヤホンを検討している人はズバリ「ANKER Soundcore Life P3」がおススメです。

Soundcore Life P3がオススメな理由

  • 8000円代で買える
  • Amazonイヤホン部門で1位を獲得
  • 1つ上のモデル「Soundcore Liberty Air 2 Pro」より安いのに性能が上
  • 低価格で高品質で評判の高いAnker製

 

などなど、コストパフォーマンスの高さが窺えるほか、自社製品の中で争いを起こすほどの仕上がりになっています。

matsu
matsu

ワイヤレスイヤホンを初めて買う人なら絶対に失敗しないイヤホンです!

 

そんなSoundcore Life P3を今回購入しましたのでレビューしていきます。

メリット
デメリット
  • AirPods Proと同レベルの遮音性
  • 8,000円以内で買えるワイヤレスイヤホン
  • ワイヤレス充電対応
  • ゲームする人にもオススメ
  • 専用のアプリでイコライザー設定ができる
  • ジョギング用には向いていない
  • 価格相応の音色
目次

Soundcore Life P3 製品情報

Soudcore Life P3の製品情報を以下にまとめました。

本体サイズ約‎5.29 x 6.09 x 3.1cm
重さ約60g (充電ケース含む) / 約5.2g (イヤホン本体 片耳)
対応機種Smartphone、PCなどBluetooth対応機器
防水規格IPX5
再生可能時間・通常モード:最大7時間 (イヤホン本体のみ) / 最大35時間 (充電ケース使用時)
・ノイズキャンセリングモード:最大6時間 (イヤホン本体のみ) / 最大30時間 (充電ケース使用時)
・外音取り込みモード:最大6時間 (イヤホン本体のみ) / 最大30時間 (充電ケース使用時)
充電時間約3時間 (充電ケース *USBケーブル使用時) / 約3時間 (充電ケース *ワイヤレス充電器使用時)
充電端子USB Type-C
対応コーデックSBC / AAC

Soundcore Life P3の位置付け

AnkerのSoundcoreシリーズは非常に多くのラインナップがあり、価格は5,000前後〜20,000円ほどと幅広く性能の差も変わってきます。

そんな中、Soundcore Life P3はシリーズの中でどの位置付けになるのか他の代表的なモデルと比較してみました。

スクロールできます
スペックLife P3
Life A2 NC
Liberty Air 2 Pro
Liberty 3 Pro
イヤホン単体の再生可能時間7時間7時間7時間8時間
ノイキャン再生時間6時間6時間6時間6時間
充電ケース使用時35時間30時間21時間24時間
コーデックSBC/AACSBC/AACSBC/AACSBC/AAC/LDAC
防水IPX5IPX5IPX4IPX4
専用アプリ対応対応対応対応
無線充電対応非対応対応対応
価格8,990円7,990円12,980円19,800円

値段を見ると一番安いのはLife A2 NCになりますが、性能を見るとワイヤレス充電に対応していて充電ケース使用時の再生時間が5時間ほど多いです(あとはデザインが違いますね)

 

こうして比較すると、値段は1万円を切っていて性能は他のモデルとほぼ違いはないので、自社製品の中で他モデルと戦っている状態になるほどLife P3はコスパの高いイヤホンとなっています。

 

Soundcore Life P3 開封

Soundcore Life P3 を開封していきます。中身は以下の通りです。

  • 本体
  • 取扱説明書
  • イヤーチップ
  • USB-C & Aケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 安全マニュアル
  • 18ヶ月保証(Anker会員登録後+6ヶ月)

 

 

ケースはパカっと開くタイプ。

イヤホン本体は持ち手で長いので扱いやすいです。結局こっちの方が持ちやすいので落とす心配が減ります。

ケースでの充電はイヤホンの内側にある端子とケースの端子を合わせればOKです。

充電のインジケーターは3つ。

ケース本体への充電方法は2つあって、後ろからUSB-Cを挿して充電する方法。

もう1つはワイヤレスで充電からです。

 

重さはスペック通り、ケース付きで60g

イヤホン単体では2つで10gとなっています。

持ち運びにも適したサイズと重さも魅力の1つです。

Bluetoothペアリングの設定方法

Soundcore Life P3のペアリング方法ですが、ケースを開けたところにある丸いボタンを長押しします。

こちらはiPadへペアリングをしている様子です。「Soundcore Life P3」の名前が出た項目をタップするとペアリングが完了します。

他のデバイスへ繋げる時も同じ手順なので簡単に設定ができます。

様々な耳のサイズにフィットする

最初からイヤーチップが多く付属しているのは驚きました。左からXS・S・L・XLの4種類の大きさとなっています。

※イヤホン本体に最初からついているのはMサイズになります。

ここまで種類が多いとどのイヤーチップが自分に最適なのかと思いますが、専用のアプリ「Soundcore」を使えば「イヤーチップ装着テスト」ができて、自分の耳の大きさとマッチしているかどうかの確認ができます。

装着テストは5秒ほどのサンプル音源が流れてきます。

しっかりと耳に合っていれば以下のように「最適な密閉感」とメッセージが出ます。

逆に耳に合っていない場合は「装着位置の調節または異なるイヤーチップが必要です」とメッセージがでます。

装着する角度を変えたり、左右で大きさの違うイヤーチップに変えることで最適な場合もあります。

Soundcore Life P3の音質

音質についてですが、ドンシャリ系の音質です。

ドンシャリ:低音と高音が強調されて中音域が控えめな音質。低音がドンドンと鳴って高音がシャリシャリと響くという由来から。

 

ドンシャリの特性はロックやヒップホップなどのジャンルに適しています。

 

「じゃあロックやヒップホップ向けのイヤホンなのか?」と言われとそうではなく、専用アプリのSoundcoreからイコライザー設定で音質を変えることができます。

 

Soundcoreアプリ使い方 イコライザー設定方法について

 

Anker専用のSoundcoreアプリをダウンロードするとイコライザー設定が可能になります。

イコライザーを設定する方法は大きく2つに分かれていて「プリセット」と「カスタム」から変更することができます。

 

プリセットは以下の21種類から選ぶことができます。

  • デフォルト(BassUP)
  • アコースティック
  • ベースリデューサー
  • クラシック
  • Podcast
  • ダンス
  • ディープ
  • エレクトロニック
  • フラット
  • ヒップホップ
  • ジャズ
  • ラテン
  • ラウンジ
  • ピアノ
  • ポップ
  • R&B
  • ロック
  • 小型スピーカー
  • 話し言葉
  • トレブルブースター
  • トレブルリデューサー

音楽ジャンルごとに音域設定がされていてワンタップで切り替えることができます。

カスタムでは以下のように各音域がフラットな状態になっています。ここから自分好みの音量に設定ができます。

左側が低音域、右側が高音域を設定するようになっています。丸いマークを上に動かせばその音域が強調されて、下げれば抑えることができます。

 

もちろん、YouTubeやSpotifyなどを流しながらリアルタイムで設定の切り替えが可能です。

ただし、SoundcoreアプリはiPhoneとiPadのみで、MacBookなどのノートパソコンではアプリ対応がないためイコライザーの設定ができません。

Soundcore Life P3のコントロール割り振り

Soundcore Life P3はイヤホン本体を軽くタップすることで音楽の一時停止などの操作が可能です。

  • シングルタップ
  • 2回タップ
  • 2秒間長押し

上記の3パターンからどんな設定にするのか?を割り振ることができます。

タップ・長押しでできる設定一覧

  • 音量ダウン
  • 音量アップ
  • 曲送り(次の曲へ)
  • 曲戻し(1つ前の曲へ)
  • 再生 / 一時停止
  • 音声アシスタント(2回タップ・長押しのみ)
  • ノイズキャンセル・標準・外部音取り込みモードの切り替え(2回タップ・長押しのみ)

設定ができれば、Soundcore Life P3の「d」マークを軽くタップするだけでOK。

あまりにもタッチによる反応が良いので、何かの拍子で曲が止まったりするのがちょっと使いづらさを感じます。

Soundcore Life P3 モード設定について

Soundcore Life P3はノイズキャンセリングモード・外部音取り込みモード・標準の3つのモードに切り替えることができます。

  • ノイズキャンセリングモード
  • 外部音取り込みモード
  • 標準

 

シチュエーションによって切り替えたいけど、いちいちSoundcoreアプリを開いて設定するのはメンドくさいと思いますが、ホーム画面のウィジェットに置くことでカンタンにモード設定ができます。

 

iPhoneの画面の一番左にスライドして「カスタマイズ」の項目をタップします。

次にウィジェット追加の画面でSoundcoreアプリを探して見つけたら右上の「完了」を押します。

これでiPhoneのウィジェット上からモード設定ができるようになりました。

 

Anker Soundcore Life P3を実際に使ってみた感想

Soundcoreをここ数日使ってみた感想は以下の通り。

  • イコライザー設定が楽しい
  • AirPods Proにの操作に慣れてしまった

イコライザー設定が楽しい

8,000円という安さでどうしても音質は値段相応はありますが、Soundcoreアプリのイコライザー設定使えばどうとでもなります。

音楽だけでなくYouTubeやラジオといった人の話し言葉にも特化した設定もできるので、各ジャンルで音楽を楽しむことができるのが魅力的です。

AirPods Proと操作感が違う

AirPods Proの操作に慣れていたので、Soundcore Life P3を使っているとミスをしてしまいます。

例えばですが、AirPods Proの場合イヤホンを耳から外すと音楽は自動的に一時停止するのですが、Soundcore Life P3だと耳から外しても音楽が一時停止しないのです。

AirPods Proだと停止するが…

Soundcore Life P3だと一時停止されない

matsu
matsu

これから使っていって慣れていくしかないですね

Anker Soundcore Life P3 レビュー まとめ

メリット
デメリット
  • AirPods Proと同レベルの遮音性
  • 8,000円以内で買えるワイヤレスイヤホン
  • ワイヤレス充電対応
  • ゲームする人にもオススメ
  • 専用のアプリでイコライザー設定ができる
  • ジョギング用には向いていない
  • 価格相応の音色

今回はAnker Soundcore Life P3についてレビューをしました。

Ankerという充電器で有名なメーカーですが、イヤホンの分野で妥協を感じないクオリティになっています。

初めてワイヤレスイヤホンを使い人、もしくは2台目として優秀なサブきイヤホンとして使いたい人にオススメできる1台です。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる