Anker Power Core Fusion 10,000をレビュー!1台で2度おいしいモバイルバッテリー

この記事の内容は以下のような悩みを解決します。

  • スマホとモバイルバッテリーを充電してるとコンセントが占領されてしまう
  • 急速充電に対応しているモバイルバッテリーを探している
  • 大容量モバイルバッテリーが欲しい
  • 前モデルAnker Power Core Fusion 5,000とどういう違いがあるのか知りたい

 

あけましておめでとうございます、matsuです。

 

今回は上記の悩みを解決する大容量・ハイブリッドなモバイルバッテリーをご紹介します。

 

それがこちら「Anker Power Core Fusion 10,000」です。

前モデルにAnker Power Core Fusion 5,000があり人気のモデルだったのですが、バッテリー容量が増量して返ってきました。

 

 

今回はAnker Power Core Fusion 10,000のスペック・外観から、実際に使って感じたメリット・デメリットについて、さらに前作のモデルとどのような点が違っているのかをレビューしていきます!

 

この記事の内容
  • Anker Power Core Fusion 10,000の外観・スペック
  • 1台でアダプターとバッテリーを兼任するモバイルバッテリーとは
  • 前モデルAnker Power Core Fusion 5,000との違いは?
  • Anker Power Core Fusion 10,000のメリット・デメリット

 

Anker Power Core Fusion 10,000の特徴について

  • 9,700mAhの大容量バッテリー搭載
  • USB-CとUSB-Aで2ポート同時充電が可能
  • PD充電(急速充電)に対応(最大20W)
  • アダプターとモバイルバッテリーの二刀流ガジェット
  • パススルー充電は非対応

 

 

目次

Anker Power Core Fusion 10,000のスペック

 

まず初めにAnker Power Core Fusion 10,000のスペックについて簡単にまとめました。

 

バッテリー容量9,700mAh
サイズ82.4mm 82.1mm 35.3mm
本体重量約278g
充電端子USB-C USB-A
USB-C出力最大出力20W 5V=3A / 9V=2.22A
USB-A出力最大出力20W    5V=2.4A
2ポート同時充電時15V
カラーブラック・ホワイト・レッド
本体価格4,790円

 

 

Anker Power Core Fusion 10,000 外観をチェック

 

 

Anker Power Core Fusion 10,000の本体はマットな仕上がりになっていて手触りが心地よく、また手垢の汚れや傷に強い仕様になっています。

 

 

コンセントは折りたたみ式になっていて持ち運びに便利。

 

 

USB-CとUSB-Aの2ポートを搭載、同時充電も可能です。

 

 

モバイルバッテリーとしてはかなり大振りなルックスとなっています。

 

 

8つのLEインジケーターがバッテリー残量を表示してくれます。

 

LEDが8つあるので1つにつき12.5%ということになります。

 

前モデルAnker Power Core Fusion 5,000との比較

 

前モデルのAnker Power Core Fusion 5,000とどのような違いがあるのか表にして比較してみました。

商品名Anker Power Core Fusion 5,000Anker Power Core Fusion 10,000
バッテリー容量4,850mAh9,700mAh
フル充電までの時間約2時間40分約4時間
サイズ横:7.8cm 縦:7.1cm 厚さ:3.0cm横:8.2cm 縦:8.2cm 厚さ:3.5cm
本体重量約176g約278g
ポートUSB-C
USB-A
USB-C
USB-A
最大出力USB-C 18W
USB-A 12W
USB-C 20W
USB-A 12W
本体価格3,590円4,790円

 

2つの製品を比較すると「バッテリー容量・フル充電までの時間・サイズ・重さ・本体価格」に違いがありますね。

5,000mAhから10,000mAhにアップグレードしたことにより本体がひとまわり大きくなった印象があります。 

 

matsu
matsu

本体価格はAnker公式HPを参考にしています。

 

 

Anker Power Core Fusion 10,000 メリット

 

ここからはAnker Power Core Fusion 10,000を実際に使ったメリット・デメリットについて解説をしていきます。

まずはメリットをまとめると以下の通りです。

  • PD充電に対応している
  • アダプターとモバイルバッテリーの一石二鳥感
  • iPadにオススメできるモバイルバッテリー

 

 

Anker Power Core Fusion 10,000メリット PD充電に対応している

 

PD充電とは? Power Deliveryの頭文字からとった略称でUSB-Cを利用して急速充電が可能になる規格です。

 

Anker Power Core Fusion 10,000本体にPD対応の充電ケーブルを使うとiPhoneやiPadを高速で充電することが可能で、普通の5W出力の充電器と比べて3倍ほどの充電速度を実現できると言われています。

 

 

Anker Power Core Fusion 10,000メリット アダプターとモバイルバッテリーの一石二鳥感

 

Anker Power Core Fusion 10,000の一番の特徴として1台でアダプターとモバイルバッテリーを兼ね備えていることですが、これがどのようなメリットがあるかというと・・・。

 

  • コンセントを無駄に占領しない
  • アダプターとモバイルバッテリーの一体型なので荷物を1つ減らすことができる

  

 

matsu
matsu

1台で2つの機能を兼ねているのは便利ですね!

  

ガジェットを集めていると持っていくモノが増えてくるのでこうやってちょっとでもスリム化ができるのは個人的に嬉しいポイントです。

 

 

Anker Power Core Fusion 10,000メリット iPadにオススメできるモバイルバッテリー

 

大容量のバッテリーを搭載したiPadには特にオススメできるモバイルバッテリーとなっています。

 

「iPad Proシリーズだとバッテリー容量が約7,800mAh~11,000mAhぐらいほどあり、ほとんどのモデルは一回分フル充電までいけるということになります。」

 

matsu
matsu

僕のiPadが経年劣化してきているので出先での大容量バッテリーはとても重宝しています!

 

 

 

Anker Power Core Fusion 10,000 デメリット

 

続いてはデメリットについてまとめたのが以下になります。

 

  • パススルー充電に対応していない
  • モバイルバッテリー本体が重い
  • コンセントを指す場所を選ぶ

 

 

Anker Power Core Fusion 10,000デメリット パススルー充電に対応していない

 

 

そもそもパススルー充電とは?

モバイルバッテリーの「パススルー対応」とは、モバイルバッテリーとスマートフォンを同時に充電できる機能のこと。

https://www.elecom.co.jp/pickup/mobile_battery/basic12.html

 

実はPower Coreの説明書にはこのように記載があります。

USB機器の接続時は、接続された機器の充電後にPowerCore本体へ充電が開始されます。

 

 

なので以下の写真の状態で充電をしていても、この時のPowerCore本体はアダプターとしての役割になっているので同時充電はされていません。

 

matsu
matsu

両方とも充電しているリアクションをとっていてややこしいのですが、パススルーではありません・・・。

 

 

Anker Power Core Fusion 10,000デメリット モバイルバッテリー本体が重い

 

10,000mAhと大容量バッテリーを搭載しているため、本体が約278gとかなり重めです。

 

持ち歩く時は無印良品のガジェットポーチに入れているのですが入れた時のズッシリ感がとてつもない。

急に安定感が増します。

 

バッテリー性能としては優秀ですが気軽に持ち運べる点で言うと難しいかも。

 

Anker Power Core Fusion 10,000デメリット コンセントを指す場所を選ぶ

 

バッテリー本体に重さがあるので、壁のコンセントに直接指すときは注意が必要です

下向きにさす時は本体の重い方が支えになるのですが・・・

  

 

上の方で挿すと重さに耐えきれなくてグラグラしてしまいます。

このままで挿すと漏電の危険性があるので要注意

 

  

 

僕はコンセントから延長ケーブルを使って机の上に置いて安定した場所で充電をしています。

 

matsu
matsu

こっちの方が安全に使えるのでオススメですよ。

 

 

Anker Power Core Fusion 10,000レビュー まとめ

  • 9,700mAhの大容量バッテリー搭載
  • USB-CとUSB-Aで2ポート同時充電が可能
  • PD充電(急速充電)に対応(最大20W)
  • アダプターとモバイルバッテリーの二刀流ガジェット
  • パススルー充電は非対応

 

今回はAnker Power Core Fusion 10,000をレビューしていきました。

 

アダプターでありモバイルバッテリーでもある、そして充電口2ポートを搭載したAnker Power Core Fusion 10,000は以下の悩みを持った人にオススメです。

Anker Power Core Fusion 10,000は以下の悩みを持っている人にオススメ

  • スマホとモバイルバッテリーを充電してるとコンセントが占領されてしまう
  • 急速充電に対応しているモバイルバッテリーを探している
  • 大容量モバイルバッテリーが欲しい
  • 前モデルAnker Power Core Fusion 5,000とどういう違いがあるのか知りたい

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる