【もうコレ1台でいいだろ】Anker Nano II 65Wをレビュー!

悩んでいる人
悩んでいる人

・パソコンの付属のアダプターって大きいくせに充電速度が微妙・・・。
・スマホを急速充電したい

 

こんにちは、matsuです。

 

上記の悩みのような「ノートPCのアダプターは大きすぎて使いにくい」と思ったことはありませんか?

今回はそんな悩みを解決してくれる充電アダプターを紹介します。

 

それがコチラの「Anker Nano II 65W」です。

 

今までの充電器は急速充電は実現できても本体がでかいことがネックになっていて使い心地がイマイチなモノもありましたが、Ankerからアダプター不便問題を解決する1台が登場しました。

 

急速充電実現の源である窒化ガリウム(GaN)を搭載したことによって超小型化に成功した「Anker Nano II 65W」

他のアダプターにはない魅力が詰まっています。

 

ということで、Anker Nano II 65Wをレビューしていきましょう。

 

メリット
MacBook、iPad Proに最適の充電アダプター
ミニマルな急速充電アダプター
デメリット
別途、急速充電対応ケーブルが必要
ポートが1つしかない

 

目次

【レビュー】Anker Nano II 65Wの特徴・外観

 

Anker Nano II 65WはUSB-Cポートを一つ搭載したアダプターです。特徴は以下の通り。

寸法約 44×42×36mm
重さ112g
出力ポートUSB-C 1ポート
最大出力65W
プラグ折りたたみ可能
価格3,990円

注目すべきはやはり「小型・急速充電対応」というところ。

matsu
matsu

もうこの1台があれば充分じゃないか・・・?と思えるほど使い勝手はGOOD!

 

Anker Nano II 65W 開封の儀

Anker Nano II 65Wの開封の儀式に入ります。

「Anker独自技術 Anker GaN II 採用」とアダプターの特徴がアピールされたパッケージとなっています。

 

いざ、開封。バッテリーがすぐに顔を出してくれました。

蓋の裏や側面にも製品の特徴をこれでもかと言わんばかりに書き記されています。

  

Anker Nano II 65W 外観をチェック

箱から取り出してみます。本体はめちゃくちゃ小さいです。

 

どれぐらいの大きさなのか比較用にMacBookと付属の純正アダプターを横に並べて撮ってみました。

Anker Nano II 65Wの大きさはこんな感じ

純正アダプターと比較

 

別角度から純正アダプターと一緒に撮ってみました。横の厚みが出ているのはありますがそれでも取り回しの良いサイズになっています。

 

Anker Nano II 65Wはプラグの折りたたみができてさらにコンパクト。ちなみにNanoシリーズのラインナップである「Anker Nano II 45W」でも折りたたみができますが「Anker Nano II 30W」は折りたたみができずプラグが剥き出しの状態になります。

 

matsu
matsu

プラグ折りたたみの有無でアダプターの使い勝手は大きく左右されます。

 

急速充電には別途ケーブルが必要

 

急速充電を実現するためにはケーブル急速充電に対応している必要があります。

 

Anker製の絡まないケーブル「Anker Powerline III Flow」がオススメです。

 

最近は各社からシリコン素材のケーブルが登場しています。従来のケーブルとは違って絡みにくいのがポイントで取り回しの良さが人気です。

 

 

Anker Nano II 65W レビューはこんな人にオススメ

Anker Nano II 65Wはこんな人にオススメです。

  • ノートPC付属のアダプターだと物足りない人
  • 持ち運びができて急速充電に対応している充電器が欲しい人
  • スマホを急速充電したい人

 

この小さなアダプター1台で充電関係の悩みを一気に解決してくれます。

 

Anker Nano II 65W レビュー まとめ

メリット
MacBook、iPad Proに最適の充電アダプター
ミニマルな急速充電アダプター
デメリット
別途、急速充電対応ケーブルが必要
ポートが1つしかない

 

今回はAnker Nano II 65Wについてレビューしました。

 

アダプター界最小クラスでしかもパワフルな充電器をお探しの人には是非ともオススメできる1台となっています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる