絡まないシリコンケーブル「CIO-SL30000」をレビュー!

悩んでいる人
悩んでいる人

充電ケーブルってまとってくれないからイライラする時があるんだよね、もっと取り回しのいいケーブルってないのかな?

こんにちは、matsuです。今回はこのような悩みを解決してくれる充電ケーブルを購入してみました!

 

そのケーブルというのが、株式会社CIOから発売している「CIO-SL30000」というシリコンでできたケーブルです。

 

ケーブルが柔らかいだけではなく、性能面や細かい気遣いが届いている全く新しい充電ケーブル。実際に使ってみて気づいたことをレビューしていきます!

 

【この記事の内容】
  • CIO-SL30000の種類・外観・特徴
  • CIO-SL30000のメリット・デメリット

 

 

目次

CIO-SL30000の種類

CIO-SL30000には端子の組み合わせ違いがあり、計4つの種類があります。

  • CIO-SL30000-AL (USB-A to Lightning)
  • CIO-SL30000-AC (USB-A to USB-C)
  • CIO-SL30000-CL (USB-C to Lightning)
  • CIO-SL30000-CC (USB-C to USB-C)

 

今回僕が購入したのはiPhoneを充電するためにCIO-SL30000-CL (USB-C to Lightning)を購入しました。

 

CIO-SL30000の外観と特徴

それでは開封していきます。 

 

チャック付きの袋から取り出すとケーブルホルダーにまとまった状態で入っています。

CIO-SL30000のカラーバリエーションは白とピンクの2種類があり、今回は白を購入。

端子の持ち手部分にはCIOのロゴが刻印。

 

こちらのケーブルに付属しているCIOロゴ付きのホルダー。なんとマジックテープで留めることができて繰り返し使えるものとなっています。

 

matsu
matsu

「この手のケーブル留めてるやつってハサミで切って即ゴミ箱行きなのに、繰り返し使えるこのホルダーはそう簡単には捨てられません・・・!」

 

 

 

CIO-SL30000の特徴

  

CIO-SL30000最大の特徴はなんといってもシリコンで作られていることです。30,000回の及ぶ折り曲げテストをクリアした実績があり、とても取り回しの良いケーブルに仕上がっています。

 

ケーブルが柔らかいことで得られるメリット

  • ケーブルをポーチの中に収納しやすい
  • ケーブルがまとまりやすく見栄えが良くなる
  • 断線しにくい

どれぐらいの柔らかさがあるのか、他社製のケーブルを横に置いてみてみましょう。

 

左:他社製ケーブル 右:CIO-SL30000

両方とも同じような巻き方でまとめてみたのですがCIO-SL30000のシリコンケーブルがよく纏まっていて、左の他社製ケーブルは今にもバラけてしまいそうです。

 

 

CIO-SL30000-CLのメリット

ここからはCIO-SL30000-CLを実際に使ってみて気付いたメリット・デメリットについてお話ししていきます。

まずはメリットについては以下の通り。

  • Apple MFi認証品のケーブル
  • PD充電に対応している
  • どこにでも収納しやすい柔らかさ

Apple MFi認証品のケーブル

Apple MFi認証を取得しているのでiPhone、iPadで問題なく使うことができます。

 

MFi認証品じゃないケーブルだと動作不良を起こしてしまう可能性があります。

 

特にiOSアップデートが出来ない事案もあるのでMFi認証品であるかどうかはケーブル選びにおいてとても重要なことです。

 

 

PD充電に対応

 

CIO-SL30000-CLはPD充電(急速充電)に対応していてPDアダプターと合わせて使うとiPhoneを30分で50%ほど充電が可能となっています。

 

CIO公式からは「Lilnobシリーズ/20W急速充電器」との組み合わせがオススメとのこと。

どこにでも収納しやすい

ケーブルが柔らかいのでどこにでも収納しやすいのがとても便利。

 

僕は外出時には無印良品のガジェットポーチを持って行っているのですが、中にモバイルバッテリーを3つ入れた状態でもシリコンのしなやかさが発揮しています。

CIO-SL30000-CLのデメリット

 

続いてデメリットについては以下の通りです。

  • ケーブルの長さが1m、2mのみ

 

ケーブルの長さが1m、2mのみ

 

今のところケーブルの長さのバリエーションが2つしかありません。今後は0.5m、1.5mといった長さも増えれば嬉しいところです。

 

matsu
matsu

個人的には0.5m~0.7mがあれば即買いしたい。

 

CIO-SL30000-CLレビュー まとめ

今回はCIO-SL30000-CLについてレビューをしてみました。最後にこの記事のまとめに入ります。 

 

【CIO-SL30000-CLのメリット】

  • Apple MFi認証品のケーブル
  • PD充電に対応している
  • どこにでも収納しやすい柔らかさ

 

【CIO-SL30000-CLのデメリット】

  • ケーブルの長さが1m、2mのみ

 

柔らかくて取り回しの良く非の打ちどころがほとんどないCIOケーブル。大容量のバッテリーを搭載した最近のスマホやタブレットなどにとてもオススメです!

  

 

CIO-SL30000-CC (USB-C to USB-C)

CIO-SL30000-AL (USB-A to Lightning)

CIO-SL30000-AC (USB-A to USB-C)

CIO-SL30000-CL (USB-C to Lightning)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる