Apple WatchでTwitterを見るアプリをご紹介【スマホより手軽】

悩んでいる人
悩んでいる人

Apple WatchでTwitterって見れるんですか?

この悩みにお答えします。

Apple Watch用のTwitter閲覧アプリを使えば問題はありません。

しかしスマホ版と違って機能に少し制限があるので、どのような仕様の差があるのか解説をしていきます。

目次

Apple Watch版Twitterアプリ「Chirp」

Apple Watch用のTwitter閲覧アプリ「Chirp」をApp Storeからダウンロードすると、Twitterが使えるようになりますよ。

 

 

iPhone側でダウンロードをすれば、自動的にApple Watchにも反映されます。

基本使用は無料で一部の機能に制限があり、買い切りの有料版Chirp Proを使うと全ての機能が使えるようになります。

 

Chirpでできること

以下は無料版のChirpと有料版のChirp Proで出来ることについてです。

【無料版】

  • タイムラインの閲覧
  • トレンドの確認
  • @ツイートの確認
  • 自分がどのアカウントのツイートに「いいね」をつけたかの確認
  • プロフィールの確認
  • 設定

【有料版】

  • メッセージ
  • リスト確認
  • キーワード検索

基本ツイートをせずに閲覧勢なら、無課金でも良いかもしれません。

あとはフリート機能ですが、無料版、有料版ともに見れません。

 

Chirp Pro金額について

Chirp Proにアップグレードをするときに、370円、500円、730円と3種類の金額が提示されますが、金額によってアップグレードの差はないので、一番安い金額でも大丈夫です。

なぜ金額が分かれているのかと言うと『開発者に少しでも支援をしたい』という意味になるみたいなので好きな金額を選びましょう。

 

ちなみに無料版Chirpでメッセージやツイート画面を開こうとすると以下の忠告が入ります。

メッセージの閲覧・送信にはChirp Proが必要です。購入の際のお支払いは一回だけ。購入の際のお支払いは1回だけ、お好きな金額のみです。iOSアプリ内でご購入いただけます。

この文言が出てきてる以上、先には進めません。iPhone側でChirp Proにアップグレードをしましょう。

Chirpからのツイートのやり方

とても簡単です。トップの画面からどこでもいいので長押しをします。

 

そうするとこのような画面になるのでツイートが作成できます。

ツイート方法は以下の3つのみ

  • 音声入力
  • キーボード入力(英語入力のみ)
  • iOS絵文字

多少の制限はかかりますが、一応ツイートは可能ですね。

 

Apple Watch越しで画像と動画も閲覧可能

個人的に驚いたのがApple Watchで画像と動画の閲覧が出来るということ。

画像はちょっと見づらいですが、右のダイヤルを回すと画像のアップが可能です。そこからタッチして横にずらすことも。

動画はサクッと読み込んで再生をしてくれて、右のダイヤルを回せば音量の調整ができます。

写真右上の緑のゲージが音量を表しています。

 

Apple WatchでTwitterを見るアプリ 感想

一部課金のシステムがあって、Apple Watchからツイートをしない、DMのやり取りをしないのなら、無課金でも十分に使えます。

 

「スマホでTwitterを見すぎてしまってもうこんな時間・・・。」なんてことは誰にでもあると思いますが、あえてApple Watchからだと「タイムラインの閲覧はできるけど、ツイート・DMはできない」という制限付きで使うと、Twitterの見過ぎを防止できるかもしれません。

 

まだダウンロードしていない方は是非。

【関連記事】Apple Watchは必要なのか?【ロレックスよりは便利】

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる