格安のiPad対応タッチパッド付きキーボードをご紹介します。

悩んでいる人
悩んでいる人

iPadのタッチパッド付きキーボードかっこいいな
でも、純正品は高いな・・・
もう少し安いものはないのかな?

この悩みにお答えします。

 

iPad Pro対応のタッチパッド付きキーボードカバーがありますが、純正品って高すぎですよね。

 

この記事では、純正品より格安のタッチパッド付きキーボードを紹介します!

 

記事を読めば、大きくコストを下げてiPadをより快適に使うことができますよ!

本記事の内容
  • iPad純正のキーボードってどんなの?
  • 純正キーボードに代わるコスパ最強のタッチパッド付きキーボードを紹介!

 

目次

iPad純正のタッチパッド付きキーボードとは・・・

MacBookのようなキーボードの下にトラックパッドが搭載されていて、完全にノートPCのようになりました。

 

Magic Keyboardの特徴① タッチパッドがついてさらにノートPCへ

タッチパッドがついたことでよりノートPCに近づき、操作感が快適になりました。

 

iPad OSがリリースされてマウスにも対応しましたが、タッチパッドがあればカーソル操作ができるので実質マウス分の荷物が削減できたことになります。

 

Magic Keyboardの特徴② キーボードが打ちやすくなっている

前作のキーボードは水やホコリなどを通さないように、布のような素材を一枚で覆っている作りでしたが、新しいキーボードは完全にノートPCのようになっています。

 

ノートPCのキーを打つ感覚を再現しているので、タイピングが捗りますね。

 

Magic Keyboardの特徴③ 充電しながら使える

キーボード本体の左側にUSB-C端子があり、充電をしながら外部端末と連携して使えます。

タイプC対応の拡張ハブをつけるとよりiPadが便利になりますね!

 

格安のiPadタッチパッド付きキーボードをご紹介

iPadの純正品は性能は優秀ですが、高すぎです。

なのでここからは、純正品に変わるタッチパッド付きキーボードをご紹介します。

それがこのEwinキーボードです。

 

Ewinのキーボードには以下の特徴があります。

・iPad pro以外のモデルにも対応

・ペンホルダー付き

・軽量のキーボードカバー

 

iPadタッチパッド付きキーボード iPad pro以外のモデルにも対応

そもそもiPad Proが高すぎるから、iPad Airや第7世代を持っている人もいるかもしれません。

純正でタッチパッド付きキーボードとなると、iPad Pro用しかありませんが、EwinのキーボードだとiPad Air(10.5インチ)とiPad第7世代(10.2インチ)にも対応しています。

 

これでお手持ちのiPadでのテキスト入力作業などが便利になりますよ!

 

iPadタッチパッド付きキーボード ペンホルダー付き

ペンホルダーがついているので、ペンを失くすことはありません。

 

特に第一世代のアップルペンシルは丸い形状をしているので、転がって紛失や落下するなどありますが、ホルダーに挿しておけば問題ないでしょう。

 

iPadタッチパッド付きキーボード 軽量のキーボードカバー

純正のキーボードは約600〜700gの重さがあり、iPad本体と合わせると1kgを超えてしまうのですが、Ewinのキーボードの重さは408gと非常に軽くできています。

 

持ち運びがラクになるので結果的に身体への負担を軽減できます!

 

まとめ iPadタッチパッド付きキーボード

最後にこの記事のまとめです。

 

  • 純正キーボードはキーの構造が一新して打ちやすくなり、タッチパッドが搭載でマウス要らず。しかし値段が高い。
  • Ewinキーボードは純正キーボードと同じレベルの性能なのに、めちゃくちゃ安い。

 

純正のマジックキーボードの値段がなんと31,800円もしてしまいますが、Ewinのキーボードは5,000円を切っています!

コスパ最強のEwinキーボード。純正キーボードより安くて使い勝手が良いと評判です!

 

iPad Pro 11インチ用です。カメラ穴が2020年のモデルに対応しています。

 

【関連記事】iPad Pro対応の最強ハブはこれだ!

【関連記事】アップルペンシルの代用できる最強のペンを見つけた。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (3件)

iPadにトラックパッドはおすすめ【作業効率アップ】 | モノりんご へ返信する コメントをキャンセル

目次
閉じる