【レビュー】Anker PowerExpand Direct 6-in-1をレビュー!iPadと相性バツグンのUSB-C対応ハブ

こんにちは、matsuです。

 

iPadには充電ポートが1つだけしかなく、他のケーブルを併用して使うことを考えるとハブは必需品になります。

そこで今回は「Anker PowerExpand Direct 6-in-1」を購入したのでレビューしていきます。

PowerExpand Direct 6-in-1 はUSB-Cに対応のiPad Pro専用のハブです。Lightning端子のiPadには非対応。iPad ProやiPad Air4、iPad mini 6を使っている人にはオススメのハブとなっています。

 

 

【この記事の内容】
  • Anker PowerExpand Direct 6-in-1の特徴
  • Anker PowerExpand Direct 6-in-1を使った感想

matsu
matsu

【この記事を書いた人】
モノりんご管理人のmatsuです。
『あなたの生活をちょっとだけ便利にする』をテーマにApple製品を中心に生活に関する情報を発信しています。

  

目次

Anker PowerExpand Direct 6-in-1の外観

ここで外観を見てみましょう。

ケーブルがなくiPadに差し込めるタイプ。USB-C端子が常に出ているようになっています。

ハブのカラーがグレー、iPadとの見た目の相性はバツグン。

Anker PowerExpand Direct 6-in-1の特徴

製品名に「6-in-1」と名が付く通り、1台に6つのポートが備わっています。

 

  • USB-Cポート         最大60W(PD対応)
  • USB-Aポート         USB3.1 最大5Gbpsの高速データ転送
  • microSD / SDカードリーダー ほとんど全てのmicroSD&SDカードに対応
  • イヤホンジャック       48kHz / 16bit 3.5mmオーディオジャック
  • HDMIポート          4K60Hz出力対応

 

USB-Cポート

 

充電ポートがついているおかげで「充電をしながら別のケーブルをつける」という事が可能になります。

 

写真にはMagic Keyboardキーボードをつけていて、キーボード本体に給電端子があるためハブからの充電は特別必要ないかもです。

純正のカバーやサードパーティ製のキーボードカバーをつけていればとても便利な機能です。

 

USB-Aポート

YAMAHA AG03と接続

データの転送や、音楽系アプリを使っている人ならオーディオインターフェースと連携させるために必須のポートです。

 

microSD / SDカードリーダー

一眼レフカメラ内のSDカードをそのまま対応端子に差し込めばiPadで見ることができて、保存も可能です。

パソコンに取り込むより手軽にデータを転送できて、Adobe Lightroomなどを使って画像編集もスムーズに行えます。

僕が記事内に貼り付ける写真も一眼レフで撮った写真をiPadに移して使っています。

イヤホンジャック

ワイヤレスイヤホンが続々と登場している中ですが、有線イヤホンを使う場面はまだまだ多いです。

特に今のコロナ禍でのアーティストの配信コンサートや動画鑑賞など、また仕事によってはzoom会議などをする人も多いでしょう。

音量調節のボタンがついているタイプのイヤホンですが、Apple純正品も含め操作ができない仕様となっています。調節や曲の一時停止などはiPad本体側で操作する必要があります。

ボタンを押しても反応はなし・・・。

ボタンに対応できるようになってほしいところ。

 

HDMIポート


4K60Hz対応ポート。

専用のHDMIケーブルを使って外部ディスプレイとの接続が可能です。他社製品のスペックでは4K60Hzに対応したハブはないのでこの点はAnkerのこだわりが見えるところ。

 

【レビュー】Anker PowerExpand Direct 6-in-1の感想

ここからは実際に使ってみた感想をメリット・デメリット交えつつ話していきます。

 

Anker PowerExpand Direct 6-in-1はケーブルレスのハブ

ほとんどのハブにはケーブルがついているモノが多いですが、ケーブルレスでiPadに直接取り付けれるので机の上がゴチャゴチャしないのがポイント

ただでさえ周辺機器を集めていくとケーブル類が多くなるのでこういう細かいところで1つでも多く線の類をなくしたいのが正直なところ。

 

充電しながら使える

USB-Cが搭載しているおかげで充電をしながら別のケーブルを併用することができます。

ただし、iPadに直接充電するときよりハブを介しての充電になってくるので充電スピードが遅く感じてしまうのはあります。

 

付属の袋がついている

USB-C端子が剥き出しだからダメージを受けないように付属の保護袋に入れて持ち歩けるようにできます。

無印良品のガジェットポーチの中にいつも入れているのですが、ケーブルタイプのハブと違ってコンパクトに収納ができます。

USB-C端子をカバーするキャップがあれば、とも思いましたがそれだと失くしてしまいそうなので布カバーの方が良し。ハブ自体への汚れも防いでくれるので重宝できる。

 

 

 

Anker PowerExpand Direct 6-in-1 まとめ

 

今回はAnker PowerExpand Direct 6-in-1を紹介しました。

 

iPadに取り付けるハブとしてはかなり使いやすさがあって一家に一台あっていいレベルです。

ケーブルレスでコンパクト&高性能なハブをお探しの方は是非とも使ってほしいものです。

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる